ホーム > 学会誌・論文等 > 刊行物一覧

刊行物一覧

日本包装学会は様々な刊行物を通じて、包装に関わる科学および技術の発展・普及を行っております。

日本包装学会誌

年間6回発行されている会員向け定期刊行物です。投稿論文、用語解説、イベントの紹介など多彩な情報を掲載しています。投稿ご希望の方は、事前に投稿規程、執筆要項などを参照ください。

ご投稿について
学会誌への投稿は会員の方に限らせていただきます。ご投稿内容や仕様などは投稿規程に詳細を定めていますので、ご投稿前に参照ください。
ご投稿の書式や引用文献の表記方法など、執筆ルールは執筆要項に従ってください。また、執筆用テンプレートデータや投稿表紙もダウンロードいただけます。
投稿いただいた論文は投稿論文査読要領に従って査読いたします。査読のポイントや、査読結果の取り扱いなどについても、こちらを参照ください。
学会誌の編集の透明性と公正さを保つため、学会誌編集委員の選出や構成、査読期間や責任者等は内規により定められています。

包装学会基礎講座

近年の包装技術の進歩は広域経済の発展に欠かせぬものとなり、包装の使用がもたらす社会への影響などの考察も重要な意味を持ってきました。包装は単なる技法から包装科学へと発展し、流通産業、情報産業にとっても益々重要な分野となり、包装の関連分野は広範となり、多くの包装人にとって、より広い知識が求められるようになっています。日本包装学会では創立10周年の記念行事として、わが国の包装科学の広範な知識をまとめ、今後の社会における将来の展望など多くの包装人にとって役立つ資料として整理し、出版することになりました。出版にあたっては日本包装学会内に創立10周年記念出版委員会を設置し、各委員の努力によって逐次、出版発行されています。

日本包装学会 創立10周年記念出版委員会 編集委員長
沖  慶雄

包装基礎講座のご購入について

1冊1,800円(税別、送付費用は別途)で販売いたします。会員サービスの一環として正会員にはご希望の1冊を無料にてご送付いたします。
申し込み用紙を以下のボタンからダウンロードし、申込下さい。
FAX番号:03-5337-8718
メールアドレス:office@spstj.jp
*FAXてに申込頂くか、ワードファイルにご記入の上、上記アドレスに添付してお送りください。

包装学会基礎講座目次(既刊のものは目次をご覧いただけます。)

(1)包装科学概論
(2)プラスチック包装容器の科学
(3)ガラス容器の科学
(4)金属容器の科学
(5)包装材料のバリアー性の科学
(6)紙包装・容器の科学
(7)包装材料の接着の科学
(8)食品包装での殺菌の科学
(9)輸送包装の科学
(10)包築材料の吸脱着の科学
(11)包装材料評価法の科学
(12)包装微生物の科学
(13)食品包装技法の科学 (現在執筆中)

その他の刊行物

日本包装学会は年次大会の他、シンポジウム、セミナー、公演発表会など、様々なイベントを行っております。参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。日本包装学会では年次大会およびさまざまなシンポジウムを開催しております。それらの講演の要旨も出版いたしております。 年次大会研究発表会の要旨集、およびシンポジウムの要旨集については、定価2000円で販売しておりますので、ご希望の方は事務局までお問い合わせください。